目の下のたるみに悩む人が増えています

加齢により皮下脂肪が減少したり、肌のハリが衰えたりなど、年齢を重ねるにつれ目の下のたるみに悩む人が増えています。

気になる治療のポイントQ&A

目の下のたるみ治療とはどのようなものがありますか

注入治療、切らない脱脂術、下眼瞼切開術、糸治療・照射法という大きく4種類の治療法があります。

注入治療のメリットは何ですか

注入治療は傷跡が残らず短い施術時間で行えるのがメリットです。ダウンタイムもほとんどありません。

確実にたるみが取れる治療は何ですか

目の下のたるみを確実に取れるのは下眼瞼切開術です。高い技術が必要なのでクリニック選びが大切になります。

たるみ治療に保険は適用されますか

目の下のたるみの治療は自由診療となるため保険の適用はされません。下眼瞼切開術なら30万円から40万円が相場です。

治療法は何を基準に選べばよいですか

たるみのタイプや料金、皮膚の切開の有無、ダウンタイムの期間など、総合的に判断して選ぶのが賢明です。

若返りの方法

女性たち

目の下のたるみは年齢より老けて見られてしまう原因になり兼ねませんので、できればない方が好ましいのですが、老化現象としてたるんでしまうのは仕方ないことです。しかし、治療を行うことによって目の下のたるみは軽減させることが可能です。美容外科や美容皮膚科では若返りの治療が行われていますが、効果的な方法としてはヒアルロン酸注入があります。たるんだ部分にヒアルロン酸を注入することによってたるんだ部分にハリを持たせることができます。ハリを持たせることによってたるみがなくなりますので、結果的に若返りとしても効果的だとされているのです。ヒアルロン酸を注入すれば半永久的に持続する訳ではありませんので、ハリのある状態を保たせるためには継続的に注入したほうが好ましいでしょう。施術を行うクリニックによって費用やヒアルロン酸の種類などが異なりますのでまずはカウンセリングを行って治療に関して知識を深めることが大切です。

はじめて施術を行う場合

カウンセリング

目の下のたるみは治療を行えば目立たなくさせることができます。どのような治療を施すかというと、簡単に行える手段としてはヒアルロン酸注入があります。ヒアルロン酸をたるんでいる部分に注入すればへこんだ部分をふっくらさせる効果が期待できますのでたるみがなくなりますし、肌にハリを生み出す効果が期待できるので若返りの手段としても有効です。ヒアルロン酸注入する際には注入量に個人差がありますのではじめにカウンセリングを行いましょう。カウンセリングは無料で行っているクリニックも多いですからまずは予約をしてみてください。状態を保つためには定期的に注入することがオススメされますので、注入する間隔についても医師と相談しながら決めてください。

広告募集中